YORK HOUSE な 非日常 2013/agosto/25

遠雷に あふるる泪 人知れず
寝苦しく 薬飲めども コノ日来て

蝉時雨 おまえもないて くれるのか
比良の夏 姿なくして 陽も沈む

おとと逝く覚めたまぶたで 夢のなか
なみだ枯れ ゆくあてもなく 酔いつぶれ

うずくまり おのれの行き場 業として
止まるとも 想わずながる ひとしずく

弟。ゆきのり。享年50。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です