YORK HOUSE な日常027

YORK HOUSE な日常027YORK HOUSE な日常027YORK HOUSE な日常027

 

 

 “あっ”と言う間に過ぎていった「夏」。
早く過ぎ去って欲しいと祈った『夏』を思い返すと
比べようのない幸せな時間が過ぎていったことに感謝する。

蝉の鳴りに起こされることがなくなり
夕暮れの日暮しの声も
いつしか虫の音に変わる。

地震、津波、原発そして放射能のこと。
この5ヶ月半で何が変わり、何が良くなったのか
わたしの位置では、ほとんど見えない。

Pray for JAPAN
目を閉じ、ただ祈るしかない。
海外の評価どおり、
東北の人たちは本当に忍耐強いと思う。
『日本』が強いのではなく“東北の人たち”が強いのだ。

当事者であることの“悪夢”と“気楽さ”
それは過ぎゆく時間の速度を感じることで変わるのか。

蝉時雨 日々の音色と 聞き流し
燦々と 川の流れに 身をゆだね

あすから長月。